読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサ旅〜台湾情報ブログ〜

台湾の観光情報をワーホリ中のマサがお届けします。

海外旅行にも便利!!DMM mobileの格安SIMフリースマホに乗り換えてみたら月額料金が3分の1になった件

f:id:masatabi2:20160524171847p:plain日本に住む、母親の携帯料金が高いという話になり、今話題の格安SIMフリースマホへの乗り換えをしたところ、簡単な契約で利用料金が大幅に安くなりました。そして、格安SIM契約と合わせてSIMフリースマホを購入すれば、海外旅行や海外出張にとても便利です。
 
今回は基本的な「格安SIM」と、オススメの「格安SIM会社」の解説をしていきたいと思います。
 

そもそも「SIMフリー」って何?

 
携帯電話の中に入っている、小さなカードのことを「SIM(シム)カード」と言います。この「SIMカード」にそれぞれ皆さんの電話番号が振り分けられており、電話の送受信ができます。
 
実は、世界的に見たらおかしいな話なのですが、日本の三大キャリアと言われるドコモ、auソフトバンクなどで購入した携帯電話は「SIMロック」がかかっています。「 SIMロック」というのは、例えばドコモで購入した携帯電話はドコモのSIMカードしか使えないロックがかかっており、他のauソフトバンクなどのSIMカードが使えません。このような機種のことを「SIMロック機種」と言います。反対にどの会社のSIMカードでも使える機種のことを「SIMフリー機種」と言います。
 

それから「格安SIM」って何?

 

一般的にほとんどの方がドコモ、auソフトバンクのいずれかと契約利用していると思います。スマホユーザーの平均月額利用料金が6,517円だそうです。でもこの利用料金が高くないですか?2年間で156,408円(6,517円×24ヶ月)ですよ。高くないですか?
 
反対に「格安SIM」の人気のプランの平均利用料金は月額1,500円前後という破格です。2年間で360,000円(1,500円×24ヶ月)です。一般的な利用料金と比べると2年間で120,408円(156,408円-360,000円)安くなります。破格でしょ!
 
なぜこれほどまで安いかと言いますと、一番にドコモの電話回線を借りているから、そして、高額なテレビCMをしていない、電話をほとんどしない人にとっては割高な通話定額料金の廃止などがあげられます。
 
つまり、「格安SIM」とは無駄を無くし、徹底的に安さを追求した「SIMカード」のことを言います。
 

電話番号そのままで乗り換え可能

 
MNP転入」というサービスを使えば、今まで使っていた電話番号と同じ番号のまま乗り換えが可能です。
解約したい携帯会社に申請すれば同じ番号で乗り換えができます。
ただし、解約前に申請が必要なのでご注意ください。
ドコモの場合は事務手数料として2,160円必要です
 

格安SIMはこんな人にオススメ

 

LINEなどを使うので電話はほとんど使わない

 

スマホをよく使う職場や自宅にはWiFiがある

 

外出先ではLINEやテキストページの調べ物くらいで、動画など通信量の多いサービスをあまり使わない

 

逆にこんな人にはオススメできません

 

よく電話をかける

 

高速通信(インターネット)を無制限で使いたい

 

なんで海外旅行に「SIMフリースマホ」が便利なの?

 
海外で一般的なSIMロック機種のスマホを利用する場合、高額な海外ローミングを利用するか、ポケットWiFiを契約するしかありませんでした。しかし、SIMフリー機種のスマホの場合は現地でSIMカードを購入して、スマホに差し替えるだけで高額な料金や邪魔なポケットWiFiから解放されます
 
つまり、SIMフリー機種を持っておくと、海外の旅行や出張先で現地のSIMカードを入れるだけで、簡単に携帯電話を日本と同様に利用が可能なので、海外旅行が好きな人、海外出張が多い人に大変オススメなコンテンツと言えます。
 

オススメの格安SIMはDMM mobileで決まり!!

 
今では多くの格安SIMがありますが、どの会社が良いのか迷う人も多いと思います。それぞれ人によって最適な格安SIMの会社は異なるのですが、僕はDMM mobile を選びました。これから僕が選んだ理由を説明していきます。
 

利用料金が安い

 
格安スマホに変更する一番の理由は、利用料金を安く抑えたいからです。そしてこのDMM mobileは他の格安SIMの利用料金と比べて安いです。格安SIM業界に遅れて参入しただけあって、利用プラン、サービスがしっかりしていて、尚且つ料金も業界最安値をキープしています
 

低速時でも快適!バースト機能!

 
通常、高速データ通信を超過した場合やOFFに設定している場合には、200kbpsの低速通信となります。しかし、DMM mobileでは低速状態でもはじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う「バースト機能」があるので、快適にインターネットを閲覧することができます。
 

ドコモのスマホが使える

 
携帯電話の会社を乗り換える際は、機種変更もしないといけないのが今までの常識でしたが、DMM mobileはドコモ回線を借りて利用しているのでドコモの携帯をそのまま使えます。
 

家族で通信料をお得にできるシェアコース

 
合計3台まで通信料をシェアできるシェアコースがあるので、家族で通信料をシェアすればより、格安でスマホを利用できます。先々家族が格安SIMに乗り換えることを考えると、このプランはありがたいです。
 

オススメの機種

 
ドコモの携帯を持っている人は、新しく携帯を買わなくても、そのまま同じ端末を使用できます
しかし念のため、起動確認機種一覧を確認してみてください。
 
せっかくの機会なので、旅行にも使い易いSIMフリースマホの購入をオススメします。
オススメの機種は「ASUS ZenFone2 Laser」です。
価格と機能面を考えれば、これほどまでコストパフォーマンスの良いスマホはなかなかないと思います。
 

料金は3分の1

 
もともと僕の母親はガラケーを利用し、月額は4,900円ほどでした。
契約したプランは「通話SIMプラン3GB」月々税込1,620円です。
ドコモと比べて、3分の1以下の料金です。
そして分割機種代金を月々税込1,318円も合わせて支払います。
基本料金と機種代金を合わせても2,938円となり、ドコモと比べて1,962円も安くなりました。
 

さいごに

 
直接店頭に行くことなく、解約から契約まで全て自宅でwebと電話で行うことができたので僕は大変助かりました。難しいことは一切なく初めての格安SIM契約でしたが問題なく行えました。
 
実は「DMM mobile」は実店舗がなく、全てwebから契約をしなければいけません。
なので、コンピューターが苦手な方は少し難しいかもしれません。その場合、【楽天モバイル】 など店頭手続きが可能な格安SIM会社がオススメです。
 
ドコモ au ソフトバンクの利用料金は高すぎますよね。ほとんどの人が携帯料金に割高感を抱いていると思います。
 
皆さんも格安SIMに乗り換えて、浮いたお金で美味しい食事や、旅行に行きましょう!!!

 

こちらの記事も一緒にどうぞ

  

 

masatabi2.hatenablog.jp

 

masatabi2.hatenablog.jp

 

masatabi2.hatenablog.

masatabi2.hatenablog.jp

masatabi2.hatenablog.jp

masatabi2.hatenablog.jp

masatabi2.hatenablog.jp