読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサ旅〜台湾情報ブログ〜

台湾の観光情報をワーホリ中のマサがお届けします。

台湾の中秋節が面白い!お月見しながらでっかい柚子と月餅を食べる

f:id:masatabi2:20150927015555j:plain

台湾には中秋節(ちゅうしゅうせつ)という夏から秋に季節が変わることをお祝いする日があります。旧暦の8月15日が中秋節になるので毎年、日にちが変わるのですが、今年2015年の中秋節は本日9月27日です。 

2016年は9月15日になります。

中秋節は台湾人にとって特別な日

お盆、大晦日と並ぶ台湾人にとって特別な日です。中秋節には家族団らんで過ごします。日本と比べると家族を大切にしている方が多いアットホームな国民性なのです。
 

お月見しながら月餅と柚子を食べる

f:id:masatabi2:20150927020117j:plain

中秋節には家族と一緒にお月見をしながら月餅(げっぺい)というお菓子と大きな柚子を食べます。日本の柚子とは違い、甘くて美味しいフルーツです。お歳暮感覚で、お世話になった人に月餅と柚子を送る習慣もあります。

 

いろいろな月餅

伝統的な月餅、綠豆椪の皮はパイ生地に近い食感で中身は緑豆の餡が使われています。そして現在、最も有名なものは柔らかめの餡や皮を使い、茹でたアヒルの卵の黄身を塩水に漬けたものを入れたものが人気があります。小豆餡の他にハスの実の餡やナツメの餡なども一般的です。ですが最近はさまさまなスタイルの月餅が発売されています。

綠豆椪
f:id:masatabi2:20150927020417j:plain
 蛋黃酥

f:id:masatabi2:20150927015934j:plain

アイス

f:id:masatabi2:20150927020818j:plain

 
餡子の月餅も勿論人気はあるのですが、最近は美味しいものなら何でも入れる傾向があるみたいです。
 

柚子の皮で遊んじゃう

台湾人は食べ終わった柚子の皮も無駄にしません。
大きな柚子の皮を使って子供用の帽子を作ったり。

f:id:masatabi2:20150927021636j:plain

そして最近は柚子の皮アートも流行っているようです。

f:id:masatabi2:20150927021547j:plain

f:id:masatabi2:20150927021724j:plain


お月見しながらバーベキューが台湾流

f:id:masatabi2:20150927022046j:plain

中国や香港にも中秋節の文化があるのですが、バーベキューを楽しみながらお月見をするのが台湾流です。台湾では中秋節になると至る所でバーベキューの匂いがします。なぜそのような文化が定着したのかは分かりませんが、久しぶりに家族が集まった際に手軽にみんなで楽しめるバーベキューは、なかなか良い方法だと思います。
 
ちなみに、お月見のときにお月様に指を指すことは大変罰当たりな行為とされ、もし指を指すと耳に怪我をしてしまうそうです。そして、おとぎ話で不老不死の薬を飲んで月に飛んで行ってしまった女性、嫦娥が今も月で生活をしているとも伝えられています。
 

まとめ

つまり台湾の中秋節は家族みんなで楽しくバーベキューしながらお月見をし、デザートに月餅と柚子を食べます。そして月を見上げながらふと、有名なおとぎ話を思い浮かべます。

こちらの記事も一緒にどうぞ


masatabi2.hatenablog.jp

masatabi2.hatenablog.jp

masatabi2.hatenablog.jp

masatabi2.hatenablog.jp

masatabi2.hatenablog.jp